Z会の中学生コース

MENU

Z会中学生コースの特徴

 

Z会の中学生コースは、中1、中2の早い時期から、しっかりと「高校受験」を視野に入れた指導方法が徹底しています。
難関校を受験する子供に、基礎問題は必要ありません。
反対に、公立高校を受験するのに「難問」は必要ありません。

 

徹底した志望校別のコース選択性を取ることで無駄のない学習ができるのがZ会です。


 

徹底したコース選択で無駄のない学習を!

Z会の中学コースでは、志望校のレベル別にコースを選択できます。

 

まず、中1、中2の時点では、
◆公立コース
・スタンダード
・ハイレベル
◆難関私立コース

 

の3つからコースを選択できます。

 

そして、中3になると、
◆都道府県公立コース
◆国私立自校作成コース
◆難関私立コース

 

のコースになります。

 

 

自分の受験したい高校のレベルに合わせて教材を選ぶので無駄がないのです。

学習科目・教材の量も選べる

また、Z会の特徴として、学習科目を1科目から選択できるというメリットがあります。
全ての科目を受講する一括学習の教材とは異なり、
自分の苦手な科目、さらに伸ばしたい科目などを、1科目から自由に選択できるのです。

 

他社の教材でありがちな失敗例として、

 

部活動などで忙しく、送られた教材が全く手つかず・・・
もったいないので退会した・・・・

 

このような方は非常に多いのではないでしょうか?

 

 

中学生は親が考える以上に忙しく、体も疲れているため勉強時間をなかなか確保できません。

 

 

それなのに、できもしない分量の教材がどんどん届くと・・・
子供も嫌になってしまうものです。

 

 

ですので、まだ中1の時は英・数の2科目・・・
中2からは5科目などと子供のペースの合わせて科目を選ぶといいでしょう。

 

添削問題の量も選べる!

 

また、添削問題の量も選ぶことができます。
月に4枚のレギュラーコースが一般的ですが、なかなか添削問題の提出ができないという場合には、月2回のライトコースも用意されています。

 

 

 

 

中学時代は、勉強が嫌いになることが一番の問題です。
無理をさせすぎず、少しでもいいから勉強をさせる・・・これが成績を上げるコツなのです。

 

 


Z会の中学生コース|ここがすごい!「Z会の中学生コース」記事一覧

Z会の入会を考える際に、悩むのは「進研ゼミ」との比較ではないでしょうか?進研ゼミは中学では5人に1人が受講しているという超人気講座です。子供を持つ家庭なら、DMチラシなども、何度か届いていることでしょう。しかし、中学になると、進研ゼミからZ会に代わる子供が少しずつ増えてきます。その理由はなぜなのか?どんな子が変えているのか?ここではZ会と進研ゼミの特徴と合わせて解説します。