Z会の幼児通信教育

MENU

Z会の幼児コースの特徴

 

ただの遊びではない。
結果から考えた幼児教育の形
それがZ会の幼児コースです。

 

「難関大合格者幼児期3つの共通点」から逆算して作られた幼児コースの教材は、5年後、10年後のできる子を育成するプログラムです。

 

将来のために、一番重要な幼児期。自分で考える力を身に着けることが重要です。
また、この時期に親がどう子供に接すればいいのか・・・という保護者向けの冊子も必読です。


 

親子で一緒に・・・ができる家庭におすすめです

Z会の幼児コースのプログラムは、「親子で一緒に学ぶ」ということに重点を置いています。

 

「幼児期には、保護者の方との親密な時間が大切。その愛情に包まれて、「考えたことをほめてもらえた!」「失敗したけど、それでもよかったんだ」という経験が多いほど、お子さまの自信や意欲が育ちます。」

という考えのもと、親子で取り組む教材が多くなっています。
ですので、親の負担も大きくなります

 

「とりあえず、一人で遊んでいてほしい」という考えで、通信教育の教材を選ぶ場合は、Z会の幼児コースは不向きです。
あまり子供と接する時間、余裕がない忙しいお母様、お父様の場合は、他の教材の方がいいでしょう。

 

じっくり子供と向き合うことができる家庭に適しているのがZ会の幼児教材です。

 

幼児教育ならではの添削教材が逸品

Z会の幼児コースの教材の中でも、特に素晴らしいのが「ぺあぜっとシート」です。

 

通常、他社の教材では、添削講座がはじまるのは小学生からですが、Z会では幼児コースにも添削システムを取り入れています。

 

「ぺあぜっとシート」は、絵日記のような感覚で子供が絵を描き、保護者は成長記録を記入します。
これをZ会の添削部へ送ると、担当の講師より、お手紙が返送されます。

 

子供の頃の手紙というのは、とて嬉しいものです。

 

また親にとっても「専門家に成長記録が報告できる」というのはとても嬉しいシステムだといえるでしょう。

 

 

 

一般教材は親子で学ぶ工夫が随所に

Z会の幼児コースの基本教材は3つ。

 

・親子で、またはお子さまひとりで取り組む体験型教材:『ぺあぜっと』
・お子さまひとりで取り組む自習用ワーク教材:『かんがえるちからワーク』
・保護者用解説書&情報誌:『ぺあぜっとi』

 

 

『かんがえるちからワーク』は、勉強の教材。
まだ小学校に上がる前に、少しでも先取りで勉強をはじめることは、とても重要なことだと思います。

 

 

 

 

幼児コースの場合は、まず、親がしっかりと教材を確認しましょう。
親が納得できる教材を選べば間違いありません。